矯正歯科専門の青山外苑矯正歯科(東京都港区南青山)。見えない矯正(裏側矯正・舌側矯正・リンガルブラケット)や歯を抜かない矯正、インプラント矯正についての治療説明。八重歯、出っ歯、叢生、受け口でお悩みの方はご相談下さい。

クリアティについて

クリアティ(3M Unitek)について

クリアティは3M Unitek社製の新しいセルフ・ライゲーションタイプの矯正歯科装置です。
セルフ・ライゲーションとは、摩擦抵抗の少ない矯正歯科装置のことで、ブラケットにスライド構造が組み込まれています。このスライド構造でワイヤーを抑えるので、従来の装置と比べてブラケットとワイヤーの間に摩擦抵抗が少なく弱い矯正力で歯を効率的に動かすことが可能です。
従来ではこのセルフライゲーションタイプの装置には目立ちやすい金属製のタイプしかありませんでしたが、クリアティはセラミックを使用しており目立ちにくいのが特徴です。

セルフライゲーションとは?

歯につけるブラケットとワイヤーを固定するために、従来はO-リングや結紮(けっさつ)線などを使用していました。別々の器具を安定させるためには摩擦が必要となります。この摩擦が歯の効率的な移動の妨げとなっていました。
セルフライゲーションシステムでは、ブラケットにシャッター構造を導入しています。ワイヤーをこのシャッター部分に通すことで従来より摩擦抵抗の少ない装置が誕生しました。
弱い力で歯が動くので、矯正による歯の痛みが少なく、治療期間も短縮されるというメリットがあります。

クリアティ  クリアティ2 

クリアティのメリット

  • 装置が目立たない

セルフライゲーションシステムでありながら、装置が透明なタイプなので装置が目立ちません。

  • 痛みが少ない

弱い力で歯を動かすことが出来るので、歯が動く時の痛みが軽減されます。

  • 治療期間が短い

従来の表側矯正より歯の移動が早いので治療期間が短縮されます。

  • 通院回数が少ない

従来のシステムでは4週間に1回の通院が必要でしたが、クリアティの場合は6週間に1回の通院ですみます。


前のページに戻る



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional