矯正歯科専門の青山外苑矯正歯科(東京都港区南青山)。見えない矯正(裏側矯正・舌側矯正・リンガルブラケット)や歯を抜かない矯正、インプラント矯正についての治療説明。八重歯、出っ歯、叢生、受け口でお悩みの方はご相談下さい。

成人矯正について

成人矯正(大人の矯正歯科)

~大人の矯正歯科治療は今や常識!~

矯正装置は子供とは同じではありません。港区青山では矯正患者様の10人に8人までもが成人です。矯正歯科治療を希望する成人はこの10年で倍増しました。年齢に関係なく、矯正歯科治療を受ければ必ずより良くなります。

歯の移動に用いるメカニクスは子供でも成人でも基本的には同じです。隙間のある歯、出っ歯、受け口、上下の前歯が重ならない、歯のでこぼこ、かみ合わせの悪さによる顎の痛み、顎の音がするなどは成人でも矯正歯科治療で治すことができます。

矯正装置を付けても日常生活に邪魔になるようなことはありません。歌うことも、楽器を演奏することも、激しいスポーツをすることも、もちろん食事をすることもできます。不便なことといえばキャラメルを食べることやチューインガムを噛むことが制限されることくらいです。成人の多くは矯正歯科治療を受けたいとは思っていますが、笑うと見える金属は嫌だとおもっています。

現代の矯正歯科は科学技術、材料の進歩により目立たない装置もしくは見えない歯の裏側の装置を付けることができます。

健康に対する矯正歯科治療の役割

歯の位置異常および悪い噛み合わせは、口の中に悪い影響を及ぼします。矯正歯科治療によって、う蝕(虫歯)、歯周病、歯の喪失を防ぐことができます。成人矯正で最も一般的な対象は歯のでこぼこ(叢生)です。こうした状況では、いくら口腔清掃をしても口のなかを清潔に保つのは非常に難しく、う蝕になりやすいのです。

また歯の早期の喪失によって隙間(空隙)ができている場合、隣の歯がその隙間にむかって傾斜してきてしまいます。歯を支持する骨も弱くなり、歯の動揺が起きます。

突出している前歯は醜いばかりではなく、ここで噛むことはできません。そのために奥歯(臼歯)に過剰な負担が増え、歯肉に炎症が起こりやすくなります。炎症は歯周炎を起こしやがては義歯を必要になります。

矯正歯科治療による精神的な向上

患者様が精神的な安定を求めて矯正歯科治療を希望することもあります。それは顔、口、歯のみかけの第一印象からきています。歯並びが悪い患者様では自尊心が弱く、自信がないという研究報告もあります。

有名な心理学者のDr.Brothersが強調していることは~子供でも大人でも自分の体に魅力的でない部分があると、就職、人間関係、結婚、昇進に良くないといつも考えている~。歯並びが悪いためにかっこよくない、素敵でないと思っている人は話したり、笑ったりする時に手で口元を隠したり、歯が見えないように卑屈に笑ったり、他人との付き合いや仕事のときに積極性に欠けてしまいがちです。

矯正歯科治療は健康をもたらすばかりではなく、咬合異常を放置することによって後に必要となる高額な歯科治療や精神的な苦痛を減らすことができるのです。

美しく健康な笑顔で人生を!!




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional